青髭は毎日の丁寧な髭剃りで改善できる!青髭対策法を伝授します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
青髭

「夕方になると、髭が生えてくる」「青髭で清潔感に欠ける」と、青髭に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

「朝、しっかりと髭剃りをしたつもりでも、どうしても午後や夕方に青ひげになってしまう」 そんな悩める人に、今回は青髭の原因と、さまざまなアプローチ方法を紹介します!

青髭の原因は?

青髭とは、髭剃りをした後に皮膚の中で髭が成長している状態が透けて見えてしまう状態を指します。
どんなに深剃りをしたつもりでいても、毛根が皮膚の奥底に残ってしまうため、青髭を改善するのは難しい問題です。 青髭の原因としては、どのようなものが考えられるのでしょうか。

髭の成長を促進する「ストレス」と「男性ホルモン」

青髭の原因として、ストレスと男性ホルモンの影響がまず挙げられます。

ストレスフリーな生活を送ることができれば、青髭改善につながるかもしれませんが、社会生活を送る中でストレスフリーな環境を手に入れるのは現実的ではない実情もあります。

では、もうひとつの原因である「男性ホルモン」について考えてみましょう。

これは、大豆イソフラボンを摂取することで抑制につながるケースもあるようです。 そのためには、大豆イソフラボンが豊富な豆腐や納豆を食事に取り入れたり、サプリメントを飲む方法もあります。

手っ取り早いのは深剃りを極めること

ストレスのない生活や、食生活改善による青髭解消は忙しい生活の中で現実的ではないと感じる人におすすめしたいのが、「深剃りを極めること」です。

深剃りに欠かせない「丁寧なケア」

急がば回れという言葉があるように、深剃りをするためには日常的に丁寧なケアを心掛ける必要があります。

少々面倒に感じるかもしれませんが、日ごろの丁寧なケアこそが、青髭解消への一歩です。

蒸しタオルを使って毛穴を開く

まず、おすすめしたいのはカミソリをする前に、蒸しタオルで顔を蒸らすことです。

理容室で髭剃りをお願いすると、蒸しタオルを顔に乗せられた経験はありませんか。

蒸しタオルには気持ちの良さだけではなく、より深剃りしやすい状況に肌と髭を整える効果があります。

毛穴をしっかりと開き、毛を立たせる効果がありますから、深剃りする際に肌を傷つけにくくなるのです。

深剃りのコツを習得する

深剃りしたい箇所の中には、剃りづらいところもあるでしょう。

そのような所は、指先を使って皮膚をつまんで持ち上げたり、伸ばしたりしながら、髭が生えている向きに沿って剃る「順剃り」をします。

一通り順剃りを終えて、それでも残ってしまった髭の部分だけ髭の生えている方向に逆らって剃る方法の「逆剃り」をしましょう。

逆剃りはやはり、肌への負担が大きくなりますから、このような手順で髭剃りを行うと、肌への負担を最小限に抑えながら深剃りすることが可能です。

同じ場所を繰り返し剃らない

同じところを繰り返し剃り続けると肌を傷めてしまい、髭が固く、濃くなる原因につながります。

一度の剃りでしっかりと深剃りするためには、シェービングジェルやクリーム、オイル、フォームを使用して剃ることが必要です。

シェービング剤を使用することで、肌へのダメージを防ぐこともでき、青髭だけではなく肌の状態改善も期待できます。

深剃りできるT字カミソリ

より深剃りできるのはT字カミソリですが、肌への負担がかかりやすいデメリットがあります。

髭剃りスキルに自信がある人は、T字カミソリで深剃りしてみるのもいいでしょう。

「髭剃りスキルには、あまり自信がない」という人は、電気カミソリを選ぶのも一つの方法です。

電気カミソリでも深剃りは可能!

電気カミソリよりも、T字カミソリの方が一般的に深剃りが得意とされていますが、最近は電気カミソリも機能が充実しており、深剃りできる機種も数多く販売されています。

敏感肌でお悩みの人は無理をしてT字カミソリを使わずに、電気カミソリを選びましょう。

T字カミソリも、電気カミソリもカミソリの刃の枚数が多いほど、一度に多くの髭を剃ることができるとされています。

肌への負担も分散され、肌を傷めるリスクも軽減されますから、カミソリを選ぶ際には刃の枚数も選ぶポイントとして考慮してください。

よく切れる状態の髭剃りを使用する

刃が劣化した髭剃りを使用し続けると、剃り残しや青髭の原因となります。

髭剃りをなんとなく日々当てていると、切れ味がどうなのかをあまり考えず、使い続けてしまうケースもあるようです。

そのような場合、同じ場所を繰り返し剃り続け、青髭の原因を作るリスクもあります。

「切れ味が悪い」と感じたら、すぐにカミソリの刃を確認しましょう。

T字カミソリの場合は、10日から15日程度で刃を取り換える必要があります。

電気カミソリの場合、内側にある髭を剃る「内刃」は、2年に一度を目安、肌から髭を押し出す役目を持つ「外刃」は1年に1回程度刃の交換が必要です。

保管状況や使用頻度によっても違いますから、「髭剃りの切れ味が悪くなってきた」と感じたら、まずは刃の交換をしてみましょう。

青髭対策で、1日を爽やかに

青髭は、丁寧なケアと深剃りスキル習得で、ある程度の改善は望めます。

深剃りスキルと切れ味の良いカミソリで、1日を爽やかに過ごせるように青髭対策に取り組みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。