肌が弱い人は髭脱毛がおすすめ!普段のケア方法や髭剃り方法もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「肌が弱いけれど髭剃りはしなくてはいけない」「身だしなみを整えるためにも髭剃りは必須だが肌がヒリヒリする」など、髭剃りで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

身だしなみの一環として髭剃りは欠かせませんが、肌が弱い人によっては悩みの種です。

そこで本記事では、肌が弱い人のための髭剃り方法やケア方法、髭脱毛がなぜおすすめなのかなどをご紹介します。

肌が弱い人におすすめの髭剃り方法

肌が弱い人は普段からの髭剃りにも気を付けましょう。朝忙しいからと、サっと剃ってしまうとカミソリ負けなどの原因となってしまいます。

ここでは、カミソリを使ってより快適に髭剃りを続けるための方法をご紹介します。

肌をきれいにする

髭剃り前にはまず洗顔をしましょう。顔に付着したほこりや汚れなどを落としてきれいにすることで、カミソリの刃をスムーズに動かせます。

またカミソリの刃を傷めないようにするためにも必要とされています。

髭と肌を柔らかくする

洗顔で汚れを落とした後には蒸しタオルなどをあてて、髭と肌に水分を与えましょう。

髭と肌を柔らかくすることで、カミソリの刃がより滑らかに動くようになります。

また肌を温めることで毛穴が開き、その中の汚れも落とせます。

乾燥したままの肌だとカミソリ負けの原因になります。今までカミソリ負けで悩んでいた人はこのひと手間を加えてみましょう。

もし「忙しくて蒸しタオルをする時間がない」という方は、お風呂上りに髭剃りを行うのもおすすめです。

シェービング剤を付ける

蒸しタオルなどで肌を温めた後は、シェービング剤を付けましょう。

シェービング剤に含まれている成分が肌を保護しつつ、肌に潤いを与えてくれます。

やさしく髭剃りをする

力を入れないようにやさしく髭剃りをします。何度も同じ場所を往復してしまうと、カミソリ負けの原因となるので注意しましょう。

ケアを忘れずに行う

髭剃り後は、冷水でシェービング剤をしっかり洗い流しましょう。冷水で流すことにより、毛穴を引き締める効果が期待できます。

洗い流した後は保湿剤を使い、ケアしましょう。髭剃り後の肌を引き締め、刺激を和らげてくれます。

正しいシェービングを覚えよう

正しいシェービングとは、髭が生えている場所や方向によって剃り方を変えることです。この方法を覚えていれば、何度も同じ場所を往復する必要がなくなります。

シェービング方法は主に以下の3種類があります。

・順剃り

髭の生えている方向に沿って剃る方法です。

・逆剃り

髭の生えている方向とは逆の方向から剃る方法です。

・張り手

皮膚を引っ張りながら剃ることで深剃りする方法です。

1.まず自分の髭の生えている方向を確認しましょう。その方向に沿って「順剃り」を行います。順剃りが一番肌への負担が少ないとされているので、肌が弱い人はできるだけ順剃りで剃り切りましょう。

2.順剃りをしてもどうしても剃り残しが気になる部分は「逆剃り」をします。先に順剃りをすることで、肌に負担のかかる逆剃りをする範囲を減らせます。

深剃りをしたいからと、最初から逆剃りをするのはやめましょう。

3.張り手は最後の仕上げとして行います。カミソリを持っていない方の手で肌をひっぱり、深剃りをします。髭が濃く、どうしても剃り切れない部分だけピンポイントで行うようにするのがコツです。

電気シェーバーの使用も検討してみよう

肌が弱い人は、カミソリではなく電気シェーバーの使用も検討してみましょう。カミソリは肌に直接刃をあてるので深剃りできますが、その分肌への刺激も強めです。

電気シェーバーは、外刃で髭を立て、中にある内刃で髭を刈り取る仕組みです。刃が直接肌に当たらないので、カミソリに比べて肌にやさしいとされています。

そのため肌が弱くて肌トラブルに悩んでいるという方は、電気シェーバーに替えてみてはいかがでしょうか。

肌が弱い人に髭脱毛がおすすめの理由

肌が弱い人には、髭脱毛もおすすめです。近年では、男性用の脱毛サロンも増えてきました。

髭脱毛がおすすめの理由には以下のようなものがあります。

髭剃りの回数を減らせるので肌への刺激も減る

肌が弱い人は、髭剃り後に「出血してしまった」「ヒリヒリする」などの悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

髭脱毛をすれば髭が薄くなったり、生えてこなくなったりします。髭剃りそのものが必要なくなるので、髭剃りによって起こってしまう肌トラブルを減らせるのです。

朝にゆとりができる

「仕事に行く前に急いで髭を剃る」などを行っていると、きちんとしたケアができないことも多いです。

しっかりとした準備とケアをしないことを繰り返していると、肌にどんどんダメージが蓄積されてしまいます。それが肌トラブルの原因になってしまうことも多いでしょう。

髭脱毛をすれば、朝に急いで髭剃りをする必要もありません。そのため心身ともに余裕を持てるようになるでしょう。

まとめ

肌が弱い人は、まず普段の髭剃り方法から見直してみましょう。正しいシェービング方法を実践することにより、肌への負担を最小限にできます。

さらに肌への負担を減らしたい人は、髭脱毛がおすすめです。髭脱毛すれば、髭剃り自体が不要になるので、肌への負担がなくなるでしょう。

毎日の髭剃りがストレスになっている方は、ぜひ髭脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。